地震発生時の安全対策

秦野ガスの地震対策は、平常時に行う「設備対策」としての耐震化とともに、発災後の「緊急対策」及び「復旧対策」の整備、教育訓練を推進しています。

平常時の対応

1.設備対策

  • 新設するガス導管は、地震による地盤変位を吸収できる能力を持った管種・継手を使用しています。
  • 既設のガス導管は、腐食漏えいを起こしやすい経年管や耐震性の低いネジ接合管から、耐震性の高い管種・継手へ入替を進めています。
  • 導管網のブロック化のためのガス遮断バルブを設置して、二次災害防止及び影響区域極小化を図っています。
  • 地震時にガスを自動的に遮断するマイコンメーターが全ての家庭用のお客さまに設置されています。マイコンメーターラインナップ外のメーターをご使用の業務用、工業用のお客さまには、緊急遮断弁の設置を推進しています。
  • SIセンサー地震計を本社(室町)に加え東部(鶴巻南)及び西部(堀山下)に設置しており、ブロックごとの震度に応じた対策を講じられます。

発災後の対応

2.緊急対策

  • 二次災害防止、影響区域極小化のため、ブロックの地震計の観測値に応じてガスの緊急停止を行います。
  • マイコンメーター、業務用遮断弁は震度5相当以上の揺れを感知すると、自動的にガスを遮断し、お客さま先での二次災害を防止します。

3.復旧対策

  • 大規模な災害発生時には、全国のガス事業者が相互に救援に向かう体制を敷いています。
  • 災害拠点病院、救急指定病院、介護老人福祉施設等には、必用に応じて移動式ガス発生設備による臨時供給を行います。

お問い合わせ先

秦野ガス株式会社 供給部 供給管理課

TEL0463-84-9400(月~金 8:30~17:00)
FAX0463-82-7823

秦野ガス株式会社

〒257-0033 神奈川県秦野市室町 2番11号

0463-81-1616(代表)0463-82-7823

秦野ガスショールーム「cuore」instagram 秦野ガスショールーム「cuore」facebook

ページトップ