【簡易ガス】原料費調整制度について

HOME > 【簡易ガス】原料費調整制度について





原料費調整制度は、為替レートや原油価格の変動などによる簡易ガス原料のLPG(液化石油ガス)の価格変動に応じて、毎月、ガス料金の単位料金(1㎥あたりの単価)を調整する制度です。

制度のしくみ

貿易統計にもとづく3ヶ月の平均原料価格と、基準となる原料価格(基準平均原料価格)を比較し、その変動分について、あらかじめ定められた算定方法によりガス料金を調整します。

  • 原料価格の算定期間とガス料金への反映時期
    • 原料価格の3ヶ月平均値を、中2ヶ月の間隔をおいて、次の1ヶ月分のガス料金に反映します。

原料反映イメージ.PNG

  • ガス料金への反映
    • 毎月の単位料金は、あらかじめ定めた基準単位料金に、原料費調整による調整額を加算または減算し算定します。

単位料金の調整 (従量料金の調整)

    ① 変動額の算定 (算定結果の100円未満は切り捨て)

       変動額(円) = 平均原料価格(円/トン) - 基準平均原料価格(円/トン)      

       ※ 平均原料価格が上限値 (基準平均原料価格のおよそ1.6倍。69,630円/トン) 
         を超えた場合には、平均原料価格を69,630円/トンとして単位料金を調整いたします。


    ② 調整単位料金の算定

       調整単位料金(円/㎥) = 基準単位料金(円/㎥) ± 0.21 × 変動額 ÷ 100円 × (1 + 消費税率)

適用される単位料金のお知らせ

適用する調整後の単位料金は、毎月の検針の際にお届する検針票等にてお知らせいたします。
また、各単位料金の算定基礎となる平均原料価格は、本社の店頭に掲示いたします。

基準原料価格

  • 43,520円/トン (算定期間:平成21年4月 ~ 平成21年6月の3ヶ月平均)

【お問い合せ先】
 総務部 料金担当 0463-81-2022