ガスを安全にご利用いただくために

HOME > ガスを安全にご利用いただくために





 安全にガスをお使いいただくために、一酸化炭素(=CO)中毒に十分にご注意ください。
 大切なご家族を守るため、どのようなことに注意したらよいかをここでご紹介します。

● 色もニオイもないけど、毒性は強力!

  • 無色・無臭なので、とても気づきにくいのですが、毒性は強力。少量でも危険です。
  • 軽度の中毒症状は風邪に似ていて、気づくのが遅れることがあります。頭痛・吐き気がしたら要注意。重くなると手足がしびれて動けなくなることがあります。
  • 重症になると、脳細胞が破壊されたり、意識不明になるなどして、死に至ることもあります。

[空気中の一酸化炭素濃度と吸入時間による中毒症状]
・ 0.04% = 1~2時間で前頭痛や吐き気、2.5~3.5時間で後頭痛がします。
・ 0.16% = 20分間で頭痛・めまい・吐き気がして、2時間で死亡
・ 0.32% = 5~10分で頭痛・めまい、30分間で死亡
・ 1.28% = 1~3分間で死亡

● 0.04%って、どのくらい?

    標準的な浴室(5立方メートル)に、
    2リットルのペットボトル1本分の一酸化炭素を混ぜたくらい。
    それだけでも吐き気が起きるほど毒性の強い気体です。

イラスト安全に01.PNG

● ガス機器を使用するときは、必ず換気をしてください

   ガスが燃えるには新鮮な空気が必要です。

  • 小型湯沸器やガスコンロなどの使用中は、換気扇を回し換気をしてください。
  • ガスファンヒーターやストーブは1時間に1~2回、1~2分程度換気してください。

[1時間の使用に必要な空気]
・ ガスコンロ(ガス消費量7.3kW) → 7.6立方メートル(ドラム缶38本)
・ 小型湯沸器(ガス消費量11kW) → 11.4立方メートル(ドラム缶57本)
・ CF式風呂がま(ガス消費量12kW) → 12.4立方メートル(ドラム缶62本)
・ 大型給湯器16号(ガス消費量34.9kW) → 36立方メートル(ドラム缶180本)

イラスト安全に02'_.PNG

● だだし、この場合は換気扇をストップ!

 屋内に設置された煙突式風呂がまでお風呂を沸かしているときやシャワーを使っているときは、隣のキッチンで換気扇を使用しないでください。
 風呂がまの排気が逆流して、一酸化炭素中毒を起こすことがあります。

イラスト安全03'.PNG

● 気分が悪いと思ったら、ただちに使用を中止し換気を行ってください。

● 警報器や安全機能付きガス機器の取付をおすすめします。

  • 警報器 (ガス漏れ警報器複合型)
    • COやガス漏れを検知すると、ランプの点灯や音声でお知らせをするので不足の事態を防止します。火災警報機能付きのタイプもあります。
  • 不完全燃焼防止装置付きのガス機器
    • COを検知すると自動的にガスをストップするので安心してお使いいただけます。 【参考】写真は安全機能付き小型湯沸器

xw105gk205gk.jpg小湯rinnai_1000059160.jpg

● 業務用にガス機器をお使いの時も換気に十分ご注意ください

  • 換気扇、排気ファン等で常時換気するよう、全員が心がけてください。
  • 湯沸器をご使用の際も忘れずに換気してください。
  • 流し台と湯沸器の設置場所が離れている場合も、換気装置の運転を確認してからお使い下さい。
  • 排気ダクトなどで共同換気を行っている建物では、換気装置稼働時間内にガスをご使用ください。

イラスト04.PNG